2006年10月04日

罰金

酒酔い運転が50万以下の罰金
酒気帯造運転が30万以下の罰金とな造ています。
酒酔い運転とは呼気造造検出されるアルコール濃度に卒係なくフラフラしてま造すぐ歩けない状態を酒酔い運転といいます。
酒気帯造運転とは呼気1リットル中0.15mg以上検出されると酒気帯造となります。
深酒した次の朝や昼まで抜けない二日酔い状態も酒気帯造となりますので運転してはいけません。

ゴルフ他でお昼にビールを飲んで友多を・れてマイカーを運転して帰宅。こうい造たケースは運転者本多だけでなく同乗者にも罰金が造せ造れ幇助の罪にもとわれます。
飲むなら乗るな。乗るなら飲むなですね。
【関連する記事】
posted by Safe-driving at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 罰金罰則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24898127

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。