2008年01月05日

酒は百薬の長

お酒は適量であれば薬よりも体によいということわざで、英語のことわざはWine is old men's milkとなっています。

が、しかし
飲んで運転すると「酒で身を滅ぼす」ということになりますのでいい面ばかりでもないようです。

最近になり郊外の居酒屋に行くと必ず「ドライバーさんは?」と聞かれアルコールを提供するお店でも飲酒運転に対してものすごく配慮されてき始めたように思います。

PR
iPhone5ケース

「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな」ってことわざもありましたよね?ことわざじゃなく・・標語でしたかね。
posted by Safe-driving at 14:03| Comment(17) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

オリックス 前川投手

残念なニュースですがオリックスの前川投手が
ひき逃げ、無免許、証拠隠滅で逮捕されています。
飲酒も?と勘ぐってしまうのはみな同じではないでしょうか。

日ごろから軽微な違反や安全運転に対する意識の低いひとは必ず事故を起こすといわれておりますが無免許で長いこと運転していた可能性もあり今後余罪が追及されるでしょう。

ニュースになるまでオリックスの前川投手についてまったく知りませんでしたが結構活躍していた選手とのこと。
この件で球団を責めるのはどうかと思いますが関係者にとってお気の毒としかいいようがありません。

ひき逃げ、無免許は重罪だと警告をならしてくれたと思えば少しなりとも救いがあるのではないかと思います。
posted by Safe-driving at 13:31| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

自動車保険

年末が押迫った繁忙期に社員の一人が事故を起こしました。
会社のすぐ近くまで戻り安心したのか右折への待機中に対向車が来ていることも気づかず発進してしまい自車の左側へ被害者さんの車が正面衝突した模様です。
車は大破したようですが相手の方の怪我がなかったのがせめてもの幸いでした。
病院へいってもらうよう勧め、検査の結果も異常なしとのこと。

我々安全運転管理者の仕事は以前なら出来るだけ早く現場へかけつけ被害者と交渉し出来るだけ病院に行かないように説得というか謝ることが仕事の一つとなっており病院に行く=人身扱い=免停という図式で物事を考えておりましたが、昨今では病院にいったからといってかならず行政処分がくるとは限らず、むしろ行政処分になるケース自体少ないそうです。
今回も私は出向かず事故を起こした当事者に謝りにいかせ病院にも行ってもらうということでお互いが安心することが出来ました。

あとのフォローは自動車保険会社のアジャスターさんにお任せでなんとかなりそうです。

繁忙期に事故を起こさせまいと終礼時に注意を促そうと考えていた矢先だったので非常に残念な思いをしましたが災難とはえてしてこんなものではないでしょうか。転ばぬ先の杖とはよく言ったもので安全運転に対する注意は運転には必ず必要だと再認識し事故を減らせたらと思います。

この社員さん年末の忘年会で飲酒運転だけはするなよ!という私の願いを聞いてくれたおかげで最悪のケースだけは免れたということには感謝しています。(飲酒運転をしないだけで感謝するというのもおかしな話ですが安管の心配事とはこんなものなんです(汗)
posted by Safe-driving at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

飲食店での取り組み

先日某居酒屋へ飲みに行ってきました。
もちろん車を置いて公共交通機関でいきましたが。

トイレに入った際にこんなポスターを見かけました。

飲酒防止ポスター

ちょっと前までは見かけなかったんですが世の中の風潮が飲酒運転撲滅に向かって流れていることでお店の方でもこういった取り組みをしているようです。

お酒を飲んで酔っ払ってもトイレでは意外と冷静になれますので少しでも効果があるのではないかと思います。

私がお礼を言うことではありませんが
「店長さん、飲酒ポスターを貼ってくれてありがとう!」
posted by Safe-driving at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

ボージョレー・ヌーボー販売量減?

福岡市での飲酒事故のニュースがきっかけとなり飲酒運転への意識が高まったことで、大手メーカーがボージョレー・ヌーボーを街頭での試飲を行わない方針を決めたそうです。
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061025k0000m040061000c.html

飲酒運転などしないワイン好きの紳士淑女にとっては残念な話題かもしれませんが社会の気運が高まっているということは嬉しい話です。

試飲するなら車を置いてレストランでごゆっくり!
posted by Safe-driving at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

電話で呼びかけ

特定のエリアから抽出した世帯に向け、録音電話で飲酒運転撲滅を呼びかけるというニュースが出ていました。
http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2006/10/24/2006102408414962004.html

飲酒運転常習者や家族の相談に取り組むNPO法人「おかやま たけのこ会」の活動を知った民間の市場調査会社(KMCデジタル)が無償にて協力を申し出られたことにより実現したようです。

電話での呼びかけは那覇市長がメッセージを収録して行っており全国的に2例目ということです。

行政に頼らず自分らで出来ることに取り組むということが素晴らしいと感じましたので記事にさせていただきました。
posted by Safe-driving at 21:26| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

日本車強し!

日本車強しといってもアメリカで行われた燃費長者番付の話です。
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/m20061018k0000e020023000c.html

燃費においてトヨタのプリウスがトップ
その他7タイプが10位に入賞したそうです。
日本の新車、中古車のレベルは世界でもトップクラスであることが証明されましたが
さて、では運転マナーについてはどうでしょうか?

極端な話かもしれませんが
運転技術世界最高峰といえばF1ドライバーだと思います。
およそ20人から30人くらいがF1ドライバーと呼ばれる人数でその中に日本人は?というと物凄く低い比率になっています。
何故低いのかと考えるとあくまでも私個人の考えですが
日本人は運転の基本であるマナーが低いからではないでしょうか

私の町では外国の方が自転車に乗るときに
ヘルメットを着用して乗っている姿をよく見かけます。
日本人でヘルメットをかぶっているのはせいぜい中学生くらいのもので
その他の人がかぶると変人扱いされかねません。
こういった安全に対する意識の違いが欧米に比べ日本人ははるかに劣っているのではないかと考えます。

自動車の性能が世界一ならマナーも世界一になれば飲酒運転も無くなるのではないかと思います。
posted by Safe-driving at 12:59| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飲酒運転を目撃

今日はとてもショッキングな出来事がありました。
朝10時過ぎに商談待ちで時間が空いたためコンビニの駐車場に車を止めて時間待ちしていた時

店内からビールを片手に出てきたおじさんが(おじいさん?)店を出た瞬間にビールの栓を開けグビグビ飲み始めました
この飲み方は典型的なアルコール中毒の飲み方だなぁ
と思い気になってそのまま見続けていたら
なんと・・そのまま車にって飲みながら駐車場を去っていきました。

平気な顔をして飲みながら運転していったこの男に対して物凄く怒りがこみ上げてきましたが、なにより一番悔しかったのは注意できなかった自分です。

みなりが汚くて話しかけることさえ躊躇してしまいそうな雰囲気だったから注意できなかったのか?
せめて110番するとかもう少し気転は利かなかったのか?
あれこれと考えると一日中不愉快な気分でした。
残念です・・・

posted by Safe-driving at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

アルコールチェック

飲酒運転の取り締まりが強化されていこうアルコールチェッカーというものがよく売れているそうです。

まだ酒気帯びの範囲だから乗れる!という使い方は間違っていると思いますが、冠婚葬祭で少しだけ飲酒し、ある程度時間が経ってから運転できるかどうかの判断に使う
などというケースならものすごく有効だと思います。

posted by Safe-driving at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

指名ドライバー Designated Driver DD

指名ドライバーとは?
海外にある飲酒運転を無くすための制度だそうです。
グループでアルコールを提供する飲食店へ車で行った場合、車の台数以上の人数をドライバーに指名し帽子やシールなどを身に付けDDであることを宣言します。
一見しただけでDDであることがわかり周囲から飲めない人だと認識され飲めない、お酒を勧めないというルールを作ることにより飲酒運転をなくそうという試みです。

日本でもこの指名ドライバーという制度を普及させようと頑張っておられるブロガーがおられますので紹介します。
指名ドライバー

行政などに頼るのではなく自らの努力によって削減するという素晴らしいシステムで、もっと広まることにより飲酒運転を無くせるのではないかと思います。

郊外型のレストランが飲酒検問強化により来店数が減り業績を悪化させていると聞いたことがありますがDDが普及することにより「お車での来店、大歓迎!」と謳えるのではないでしょうか。

指名ドライバーを広めるための私なりの案

先月のヤフーで「指名ドライバー」という文字を検索された回数がたったの98回しかなくほとんどが関係者が検索しただけと推測され現在の状況はまったく世間に認識されていないと判断

飲酒運転防止というキーワードの検索数が5457回ありこちらをターゲットにする。

↓このタグを皆さんのブログに貼っていただき飲酒運転防止で検索されたら指名ドライバーのページが上位に表示されるようにする。




飲食店関係の皆さん、飲酒運転を少しでも減らしたいという意思も持っておられる方々、是非ご協力をお願いいたします。

posted by Safe-driving at 12:50| Comment(4) | TrackBack(4) | 指名ドライバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。